面倒くさいけどJazzPiano 

アクセスカウンタ

zoom RSS 高槻ジャズストリート

<<   作成日時 : 2009/05/05 12:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 6

大阪府高槻市でGWに毎年行なわれているイベント、
「高槻ジャズストリート」に行ってきました。
このイベントでは市内40箇所で入場無料のライブを聴けます。
出演者は海外、国内のゲストミュージシャンと、プロなのにボランティアで
演奏するミュージシャンもいて、交通費が高く付いてもかなりお得なイベントです。
もちろんプロばかりでなく、地元のお店で演奏するのは一般応募の
バンドの皆さんがほとんど。
腕前はかなりのレベルの人もいれば、それほどでもない人もいます。
プロからは「感動を作り出す技術」が学べて、
アマチュアからは「無理のない無難な方法」が
学べて、勉強中の私にはどちらも参考になります。

一日目は駅前の小さな店中心に入ってみました。
ジャズのお店に行き始めた頃と違って、今の私は平気でどこでも入り
ピアノの鍵盤が見える一番良い席にさっと陣取ります。
今回は「ナッシュビル・ウエスト」「D&D」「Duke Bar」の三つのお店のあるビルに入り
各店を聴き比べてうろうろしました。
「ナッシュビル・ウエスト」は この三つでは一番広くて音も聴き易いです。
セルフサービスなのでドリンクも注文しないでよくて、まったく無料でした。

「D&D」は ちょっと怪しいニオイのするお店です。
店の前に机があって、入れ墨をやってるお兄さん達が・・・。
よく見るとシールなんですが、男同士で腕を出して何やらやってる様子が
怪しい感じでした。
店内は狭くて、プロのピアニストが混じるバンドを聴いてみたけど
ドラムが近いし、大きすぎたので退散しました。
「上手いけど、音量が大き過ぎたり、バランスが悪い」のと
「荒削りだけど、音量が程ほど」のバンドを比べると
1時間聴くなら後者がいいのです。

「Duke Bar」はカウンターとテーブル席が3つか4つほどの
コバコながら、居心地は良かったです。
店員さんも愛想が良くて、楽しく過ごせました。
立派なスピーカーがあるけど、出演者は自分のアンプで
演奏していました。
ドラムがいないバンドは音が聴きやすく、真面目に勉強して
音楽をやってることが伝わりました。
ドラムがいるバンドは、迫力があるのでお客は喜んでいました。
隣の席に三重県から来た陽気なおじさんがいて
この人の掛け声で一層盛り上がっていました。
休憩時間にはこのおじさんと音楽談義。
「西山瞳はつまらなかった。お茶漬けを正座して食べるようなもんだ。」と
言うので「そうですねぇ。ジャズはもっと泥臭くてもいいですよね。」と相槌を
打ちました。
神戸のお店もミュージシャンもよくご存知で、会話が弾みました。

このビルから少し離れた「ボンバ・デ・クラーク」というカフェ・レストランにも
入りました。
「豚かつサンドの豚かつ抜きで。」と注文すると
「豚かつがお嫌いなら ローストビーフで対応できます。」との事。
出てきたサンドイッチは飛び切り美味しかったです。
ここは生ピアノがあるのですが
その時間はシンセとギターでの演奏でした。
シンセは足鍵盤をつけていて音色は全てオルガンにしていました。
男性のオルガンさんはオルタードなどジャズの音階をしっかり身につけていて
足でエクスプレッション(強弱)を付けるのもなかなか上手で
雰囲気が出ていました。
エンディングではギターと息が合ってないこともあったけど
真面目な二人で好感が持てました。

翌日は 現代劇場で大物を見ることにしました。
大ホールに行くと、あまりにも行列が長いので諦め
隣の文化ホールに行きました。
宮下博行(Pf)さんはとても人気のあるピアニスト。
会場に入れたものの席がなくて、しゃがんで観る破目に。
チビの私は前の人の頭で何も見えません。
サンダルを脱いでお尻に敷くと座高が上がって
宮下さんもドラムの村尾コージさんもバッチリ見えました。
宮下さんはものすごい集中力で音に魂を込めます。
村尾さんは敏感に反応して先を読んで、ぴったり息を合わせます。
この二人の一糸乱れぬ絶妙なコンビネーションは必見!
炎のような盛りあがりにお客は大興奮。
お金を出しても、もう一度観たいです。

その後の魚谷のぶまさバンドは耳心地の良いサウンドを売りにしていて
一番前の席でも、スピーカーの横でも耳が疲れることはありません。
宮下さんのバンドが終わって席を離れる人がいたので
前から3番目の席を確保。
魚谷バンドは他のバンドよりも念入りにセッティングしていました。
3人が寄り添って演奏できるようにピアノの位置も変えていました。
前のバンドのベースの音が恐ろしく悪かったので、
魚谷さんはアンプをいじり倒していました。
演奏が始まると前のバンドとまったく空気の違った音が流れました。
高岡正人(たかおかまさひと)さんのピアノは本当に無駄がなく
芸術性が高く、素晴らしいのです。なにわジャズ大賞に選ばれたそうです。
ギターの能勢さんはこれまた美しい音色の7弦ギターで
一日中聴いていたいほど心地よいのです。
ベースの魚谷さんは軽い音色で音の長さを大切に考えているベースです。
口も上手で、観客を笑わせながら次の曲を聴く体制に仕向けていきます。
弓もお上手で「よくできたクラシックの三重奏」のような場面も多々ありました。
このお三方はそれぞれが神様のような方でチームワークも素晴らしいので
お近くで無料のイベントがある時はお聴き逃しなく。

魚谷バンドが終わるとお客が減りました。
河村恭子さん(Vo)はベテランで美しいハイトーンですが
線が細く、それで人気がないのでしょう。
悪いけど、眠ってしまいました。

その後またお客が増え、お人形みたいにかわいい森川奈菜美さんと
フィリップ・ストレンジ(Pf)さんのお二人の静かな演奏がありました。
とても繊細な芸術なのに、うちわをバタバタする人や携帯が鳴ったり
ざわざわ話し声が聴こえて嫌でした。
森川さんはブルーのふわっとしたワンピースでモデル並みの美人。
でもただのアイドルでなく音楽性は充分でした。
バイオリンを弾くそうで 音感やリズム感が優れていて
フィリップさんの反応を楽しみながら、二人で作り上げていくところが
素晴らしかったです。

その後のバンドは「阪井陽子・スペシャルフレグランス」。
フィリップさんの後だけに若いお嬢さんピアニストが可哀想な感じ。
でも なかなかどうして、大野綾子さんは上手でした。
「サマータイム」はコピーだったけど、
よく聴く曲をガラリと変ったムードにアレンジするのが上手です。
阪井陽子さんは声量があってまろやかな声の元気系。
綺麗系の歌が続いた後だけに お客がとても喜びました。
花柄のニギヤカな帽子とスカートもお似合いで、とても素敵でした。
CDを出してるそうですが、買ってもいいかな。

このバンドが終わると、最後の中本マリさんを観る為に
壮絶な席取り合戦がありました。
中本さんは50代以上の人に特に人気があり
白髪の中本さんが出てきた時はみんな「うそ〜〜!」と
言ってました。
久しぶりに見た中本さんがとても歳を取っていたからでしょう。
でも歌が始まると みんな「まりちゃーん!」と大興奮。
還暦を過ぎられた中本さんは 瞳がキラキラしていて
歌に人生の全てをかけてきたのがよくわかりました。
話し声も可愛らしくて、とても素敵な方でした。
伴奏の大石学さんは、一番尊敬するピアニストです。
歌心をとても大切にしていて、誰にでも聴き易くて
懐かしい気分で胸がいっぱいになります。
伴奏としては日本で一番素晴らしいと思います。
ラストまでお客の興奮度はどんどん増し、当然アンコールがあり
お開きになると、年配の方はハンカチで涙をぬぐっていました。
ジャズ界では カリスマ的な方のようです。
ここまで同じ会場で5時間座り続けて腰が痛かったけど
最後まで観て良かったです。

2日間 ジャズ三昧の旅。今回も勉強になりました。
一流のプロを観て自分やバンドに足りないものもわかりました。
超小さい音になるところがないのです。
小さいところは耳をそばだてるので音に集中させます。
一歩でも半歩でも、プロに近づきたいものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
高槻ジャズストリート
懐かしいジャズ演奏の雰囲気に多くの感動をあじわいました。撮 影 日  2009年5月3日撮影 場所  野見町(高槻現代劇場大ホール)(地図)投 稿 者  とし坊 ↓ランキングに参加してます☆是非一日ワンクリックお願いします♪m(__)m ...続きを見る
高槻のええとこブログ
2009/05/06 07:59
高槻ジャズストリート2009
友達に紹介された「高槻ジャズストリート」今年で何回目かな? 神戸のジャズストリー ...続きを見る
JAZZと映画・本
2009/05/06 11:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです!
高槻ジャズストリートって、すべて入場無料なんですか?
びっくりです!
しかもプロの方まで…
精力的にいろいろ回られてすごいです。
グミ
2009/05/05 14:55
グミさん、こんにちは!
はい、全て無料です。
ミュージシャンのお礼となるチップの箱がありますが、人が多すぎて、私はお金を入れるのが無理でした。
飲食店では、ドリンクくらいは飲むのが基本です。
イベントを支える募金箱にはお金を入れてきました。
赤字だそうですが、来年もあればいいなと思います。
あおい
2009/05/05 17:07
コメント有難うございました。ブログにこさせていただきました。ライブの様子がよく分かります。
現代劇場は素敵な人がたくさん出ておられましたね。
その頃わたしは甲子園球場でした。
神戸でもたくさんライブありますので、おいで下さい。
fujisan
2009/05/06 11:42
fujisanさん、
コメントありがとうございました。

ブログを見せて頂きましたが
fujisanさんと同じライブをいくつか観ています。
兵庫県に住んでいるので三宮はよく行きます。
もうすぐヴォーカルクイーン、
神戸ウォークもありますね。
あおい
2009/05/06 22:41
あおいさま。はじめまして&こんにちは。
ええとこブログから来ました、上ひらと申します。

ええとこブログへのコメントほんとにありがとうございました。あおいさんは、ジャズストのこと、ほんとよくご存知なので、驚きながらほかのいろんな記事も拝見させていただきました。

あと、あおいさんは、ちいちゃい時に高槻に住んでおられたんですね。ええとこブログにはきっとあおいさんが住んでらした近所の写真もあるとおもいますので、ぜひ、また覗いてみてください。

では、今後もよろしくお願いします。
上ひら
2009/05/07 16:33
上ひらさん、こんにちは!
コメントありがとうございます。
もう一度高槻のお写真を見せて頂きました。
懐かしい場所をいくつか見つけ
子供の時のことを色々思い出しました。
上ひらさんのブログはたくさんの人に喜んで
もらえて素晴らしいですね。
こちらは趣味に偏ったブログですが
お読みくださってありがとうございました。
ええとこブログは「お気に入り」に入れました。
これからも頑張ってください。
あおい
2009/05/07 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
高槻ジャズストリート 面倒くさいけどJazzPiano /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる